メニュー

月経にお悩みの方へ

女性の社会進出、晩婚化がすすみ、女性のライフスタイルはここ10年でも大きく変わりました。

月経によりおこる女性の日常生活への影響、精神的な影響、学校生活の活動性への影響がもたらす諸問題は本人自身だけでなく、取り巻く社会全体、次世代の健康にも影響しうることは世界各国で報告されています。

『月経困難症』とは、月経痛が強く、日常生活に支障をきたす場合をいいます。
日本医療政策機構(HGPI)による『働く女性の健康増進調査2018』によると、月経周期に伴う心身の変化による仕事のパフォーマンスは元気な状態の半分以下になると回答した人が約半数という結果でした。

また、内閣府男女共同参画白書(平成30年度版)によると、月経痛は20代で60%以上、30代で50%以上が経験しており、体調不良、精神不安も35%以上の方が訴えられています。
女性の多くが月経による体調の不調を自覚しているにもかかわらず、明確な重症度の評価基準が存在しなかったことや症状が月経周期に伴い改善することより疾患として認知されにくく、実際に婦人科受診されるまでに至る方はごくわずかとなっています。
ピルや治療薬をうまく利用することにより月経による日常生活の質の低下の改善や子宮筋腫、子宮内膜症などの悪化予防をできる可能性があります。おひとりおひとりの状況に合わせて治療方針をご提案していきます。

ピルについての詳しい説明はこちらをご参照ください。

 

女性の健康推進室 ヘルスケアラボ みんな悩んでる月経のトラブル

※すべての女性の健康を支援するために厚生労働省の研究班が作成したホームページ です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME