メニュー

エコー検査

妊娠に向けて、子宮筋腫などの子宮病変、卵巣嚢腫などの卵巣病変がないか、排卵が規則的に行われているかどうかを確認します。内診にて直径約20㎜程度のプローブと呼ばれる細い棒状の機器を膣内に入れ検査します。プローブは細く、痛みはほとんどありません。

原則として内診でおこないますが、苦手な方、不安な方は遠慮なくお申し出ください。おへその下あたりにエコーをあてることにより、診察が可能な場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME