メニュー

子宮がん検診

子宮頸がん検診

内診にて子宮の入り口(子宮頚部)をブラシで擦過します。通常は、特に不正出血等の症状がなければ、子宮体がん検診は施行しておりません。

子宮体がん検診

内診にて子宮内に細いチューブ(カテーテル)を挿入し、子宮内腔を擦過します。

擦過時痛みと少量の出血を伴うこともありますが、すぐに症状はなくなります。

不正出血、超音波や子宮鏡検査にて疑われる方のみ施行します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME