メニュー

保険が使える不妊治療

2020年9月、不妊治療の保険適用を拡大するように検討が始まりました。

そもそも保険診療とはどういった制度なのか、確認してみましょう。

通常の医療だと、健康保険証を提示することで原則として3割が自己負担となり、例えば1万円分の薬を貰うために支払う金額は3000円で済みます。

この時のお薬代の1万円は国が決めた金額で、保険診療であれば日本中のどこでもらったとしても同じ薬ならば薬代は1万円で支払いは3000円になります。

保険適用の医療とは、風邪や、すり傷の手当のような一時的なものから、高血圧や糖尿病といった長期の治療を必要とするもの、『ダヴィンチ』というロボットを使った手術など、さまざまな医療が健康保険の適用となっています。

日本の健康保険制度は非常に手厚く、全国のどこに住んでいても同じ治療が等しく受けられるといったもので、『お金がないからお腹が痛くても我慢しよう…』となって、取り返しのつかない状態にならないように国民全員が健康保険に加入しています。

でも、医師や看護師などの医療スタッフが何人もチームになって、数時間にもおよぶ手術をしようと思ったら、その費用はとても高額になってしまいます。

たとえ3割負担だとしてもためらってしまいますよね。

そこで、一定の金額以上になると3割ではなく1%の負担だけで済むように『高額療養費』という制度があります。

『お金がないから手術は見送ろう…』とか『高い薬をずっと飲み続けるのは金銭的に厳しいから、苦しくて辛いけど、薬は飲まないで我慢しないと…』とならないように工夫されています。

日本はケガや病気の際にためらいなく充分な治療を受けられる国なのです。

 

では、不妊治療はどうなのでしょう?

実は不妊治療や不妊検査にも健康保険が使えるものが、現在でもいくつかあります。

例えば『子宮や卵巣に妊娠しにくい原因が無いか』調べる検査(エコー検査や子宮鏡検査)や、『精子と卵子が出会う、唯一の通り道である卵管が狭くなっていたり、通り抜けられなくなっていたりしていないか』を調べるレントゲン検査(卵管造影検査)は健康保険が使える検査になります。

『排卵がうまくできているか』『妊娠してからも安心して過ごせる体調であるか』を調べる血液検査や、『クラミジア感染や細菌感染をおこしていないか』を確かめるおりものの検査にも健康保険が使えます。

お薬では『排卵しにくい人が排卵しやすくなる』お薬、妊娠のタイミングと体温は密接な関係があるため『基礎体温が安定しない人に飲んでもらう』お薬などがあります。

これらがきちんと効いているかを確認する定期的な検査(血液検査やエコー検査)にも健康保険が使えます。

さらに手術も健康保険の適用となります。

子宮鏡検査にて子宮内膜にポリープがみつかり、妊娠しにくい原因となっている場合に行う切除手術も保険適用です。

卵管をレントゲンで検査した結果、『狭くなっていたり』『通れなくなっていたり』していた場合『卵管を広げて通りやすくする手術』FT(卵管鏡下卵管形成術)は、健康保険が使え、高額療養費制度も使えます。

また、不妊治療を始める前に民間の生命保険会社で医療保険に加入していたら、健康保険が使える手術は多くの場合『手術給付金』の対象となりますので、ご自身の生命保険、会社の団体保険、共済保険などに確認されてみると良いでしょう。

 

一方、現在においては健康保険の適用とならない不妊治療もまだまだ存在します。

2022年度に保険適用拡大の検討をされるものとして注目をされているのが、体外受精や顕微授精といった高度な不妊治療です。

ただし、Plume Ladies Clinicではこれらの治療は行いません。

当院で行える治療のうち健康保険の適用とならない、いわゆる『自費診療』となるのは…

排卵の時期に合わせ、人工授精(クリニックにて調整した精液を細いチューブを使って子宮内へ注入し妊娠しやすくする方法)などがあります。

『不妊治療』といっても、とっても多くの選択肢があり、それが必要であるかを確認するためにおこなう検査があり、『一体どうすればいいの?』『まず何から始めたらよいの?』と思われている方もたくさんおられると思います。

実は、『赤ちゃんが欲しい』と思って受診された方は、ほとんどの方がきっかけは『なんとなく…』特に理由がない方がほとんどです。

ではPlume Ladies Clinicでは何ができるでしょうか?

まず、お越しいただいたら不妊治療に対する思いやお考えをお聞きし、叶えるために必要なことをご提案します。

妊娠しにくい原因にはどんなことがあり、検査でわかることや、逆に検査してもわからないことを説明します。

『なんとなく…』受診された方は、色々な選択肢は自分で選ぶことができるとわかると『この検査はしてみようかな?』『今回妊娠できなかったら次にこの治療をやってみたい』となり、徐々に治療の進み方やカップルのご希望がはっきりしていくことが多いです。

カップルで話し合う良いきっかけになり、初めてお互いが『赤ちゃんが欲しい』という思いに対しての『実は…』を知ることもあり、お父さんやお母さんになるための気持ちの準備期間ができます。

『受診=自分が不妊であることを認める』と思われがちですが、受診しお話をしただけで妊娠される方もたくさんおられます。

また、自分で考え込んでしまいすぎて、妊娠しにくくなっている場合もあるかもしれません。

検査をし、色々なことがわかっていくことは怖いかもしれませんが、異常があればそれに対して行える治療があります。

『妊娠しない理由がはっきりしてすっきりしました』と言われる方も多いです。

この時点で体外受精や顕微授精を選択することもあるかもしれません。

今はまだ体外受精に健康保険は適用されませんが、『特定治療費助成制度』といってお住いの自治体から助成金が支給される制度もあります。

体外受精が必要で『やってみたい』という方には、治療実績の高い施設を適切なタイミングでご紹介いたします。

『いったいどうすればいいの?』『何から始めたらよいの?』という心配を解消してから受診しなければと思われがちですが、その不安や心配を一緒に共有し、次の一歩へ進んでいくために我々Plume Ladies Clinicがあります。

 

『不妊治療』をためらってしまっている方は、まずお気軽にご相談ください。

年齢を重ねるとともに、妊娠出来る可能性が下がってしまうことは、はっきりと証明されています。

検査の結果、何も問題がなければ適切なタイミングを取れば妊娠出来る可能性は高いですし、治療が必要であれば健康保険の使える治療から始めてみましょう。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME