メニュー

子宮鏡検査

生理食塩水で子宮の中を満たしながら細いファイバースコープ(カメラ)を挿入し、子宮内の状態(ポリープや癒着、炎症の有無など)や卵管の入口が細くなっていないかなどを観察します。子宮内の状態は異常があっても自覚症状がある方は少なく、検査して初めてわかることもたくさんあります。通常2~3分で終わりますが、子宮の形態により時間がもう少しかかることもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME